蕎麦と酒は響き合う

蕎麦屋で一杯。
「粋」と言われるスタイルです。
かの文豪、夏目漱石や池波正太郎なども蕎麦屋で呑むことを愛していました。

このスタイルの始まりは、江戸時代まで遡ります。
「蕎麦は香りが命」ですので、当時は注文があってから蕎麦を打っていました。
江戸っ子は、玉子焼き、蕎麦焼き味噌などを肴に一杯呑む「そば前」を楽しみながら、蕎麦が出来上がるまでを待ちました。
また蕎麦屋は、庶民の憩いの場でもありました。
仲間や友人とそば前で一杯やりながら、談笑する。
蕎麦屋は居酒屋でもあったのです。

所沢「蕎麦と酒 遊山」は、皆様にとってのそういう憩いの場所になってもらえたらと思っています。

こだわりを追求した手打ちの蕎麦、一品料理、厳選した酒をぜひお召し上がりください。
【歓送迎会のご予約承ります】

蕎麦のこだわり

せいろそば

「遊山」の蕎麦は、北海道産の蕎麦粉を使用した二八蕎麦です。
「挽き」「打ち」はもちろん、「切り」(蕎麦の太さ)にもこだわり、のど越し、食感、歯切れ、香りなど口に入れた瞬間の心地よさを追求しております。
つゆは、最高級の醤油、本みりんを使用した「半生返し」に、本枯本節二年物のかつおぶしと日高産の一等検の昆布を使用したダシを合わせております。
雑味がなく、上品で香り高いつゆは蕎麦の風味をより引き出してくれます。

冷たい蕎麦は、せいろと田舎そば、季節の変わり蕎麦の3種類をご用意しております。

温かい蕎麦は、せいろと田舎そばからお選びいただけます。

蕎麦の香り、旨味、のど越しが一体となる幸せを遊山でご堪能ください。

蕎麦のメニューを見る

そば前

「遊山」は、「そば前の伝統」と「季節」を大事にしています。
玉子焼き、蕎麦焼き味噌、天ぷらなどの江戸時代からの定番メニューや合鴨ロースハム、揚げ蕎麦サラダ、自家製とろ湯葉など「遊山」ならではの蕎麦屋のつまみ、一品料理をご用意しております。

また旬の素材を活かした季節の料理もございますので、店内にてお問い合わせください。

そば前のメニューを見る

地酒

酒イメージ

蕎麦屋で呑む

蕎麦屋でゆっくりと呑む。そんなスタイルを皆さんに楽しんでいただきたいと遊山は思っています。
蕎麦、そば前に合う地酒を全国から集めました。

純米を基準にした各地の日本酒に加え、「百年の孤独」「魔王」「伊佐美」などの希少な焼酎など幅広く取り揃えております。

酒は蕎麦と響き合います。気楽な一人飲みや宴会など様々なシーンでご利用ください。

宴会・コース

遊山では旬の素材を活かしたコース料理もご用意しております。
蕎麦に一品料理、デザートが付き、宴会や御会食などにご好評をいただいております。
蕎麦屋ならではのコース料理で素敵なお時間をお過ごしください。

宴会・コース料理

up